スポンサーリンク

静岡県掛川市にある「走る本屋さん 高久書店」に行ってきた!

高久書店アイキャッチ書店

書店がどんどん町から消えていく昨今。

そんな状況の中、2020年2月7日、静岡県ではおよそ4年ぶりに新規書店がオープンしました。

しかも全国にチェーンがある大型書店ではなくいわゆる「街の本屋さん」とも呼ばれる個人店。

オープンしたらすぐに行きたい!と思ったのですが、コロナウイルスによる自粛のため浜松市内からなかなか出れずじまい・・・。

6月になってようやく訪れることができました!

「走る本屋さん 高久書店」とは

「走る本屋さん」はもともと店主の高木久直さんが本業の書店業務の合間に本の無い地域へ車で赴き、子供たちに本を販売したことが始まりでした。

この活動はテレビやネットニュースに取り上げられるなど大きな注目を集めていました。

そしてついに今年独立し、長年の夢だったという自分のお店をオープンしました。

出店までのこれまでの経緯は店主さんのnoteでも書かれていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

→note:走る本屋さん高久書店

店内の様子

「高久書店」は築100年の歴史ある建物を改装して作られており、約10坪ほどの小さなお店です。
子どもの頃によく通っていた近所の本屋さんを思い出しとても懐かしく感じました。

決して大型書店ほどの品ぞろえはないものの、約6000冊の本は店主さん自らが選んでいるとのこと。

 

店内1

店内2

店内2

文庫、文芸書はもちろん、雑誌、ビジネス書、女性誌はもちろん、学校参考書、児童書など子どもから大人まで楽しめる本がズラリ。

 

店内4

店主さんおすすめ本のコーナーや

 

店内5

コミックも置いてます。話題の『鬼滅の刃』もちゃんとありましたよ。

 

店内6

店主さんに「どうぞ奥もご覧になってください」
と薦められ奥へ進むと、そこには机といすがあり小さな読書スペースになっていました。

 

店内7

2階もあるとのことなので登ってみると・・・。

 

店内8

なんと2階にも読書スペースがありました!

話によると店を開くにあたり、この2階のスペースを見てこの物件に決めたとのこと。

ときどき学生さんたちが自習などで使っているそうです。

※店内の写真撮影・掲載を許可していただきました。ありがとうございました!
※2020年7月5日追記
また、高久書店は御書印プロジェクトの参加店でもあったので、御書印もゲットしました!
この御書印が記念すべき一つ目の印でした!
これからどんどん集めていこうと思います!
御書印って何?て思った方は下記記事で解説しています。
書店版御朱印の「御書印」って何?実際に回って集めてみた!
みなさんは「御書印」というものをご存知でしょうか。お寺や神社でもらえる御朱印の書店版のようなものです。 2020年3月にスタートし、少しずつ対象店舗が増えてきています。今回はそんなはじまったばかりの御書印について紹介します。

「走る本屋さん 高久書店」のアクセス・営業時間など

住所静岡県掛川市掛川642-1
TEL0537-29-6120
営業時間月曜日~土曜日 10:00~19:00
定休日日曜日
ホームページhttps://sites.google.com/view/books-takaku
Twitterhttps://twitter.com/books_takaku
notehttps://note.com/books_takaku

まとめ/街の本屋さんがあることで地域が明るくなる

書店がどんどん減っていく中こうした新しい書店がオープンすることは本好き、書店好きのみならず、地域の人達にとってもとてもうれしいニュースだと思います。

現在はなかなか他の地域へ移動することが難しい状況ですが、掛川に立ち寄ったとらぜひ高久書店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

私はすっかり店主さんとお店のファンになってしまったので、また機会があれば行ってみようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント