スポンサーリンク

【勉強まとめ】2週間で学ぶGoogle広告-4日目:アカウントの構成(キャンペーンと広告グループ)

Google広告4日目Webマーケティング勉強

どうも、りゅうです。

私は、[ブログ記事] 2 週間で学ぶ Google 広告というシリーズを参考にGoogle広告の勉強をしております。

この記事はその勉強のメモの4日目です。

参考サイトはこちら↓

[ブログ記事] 2 週間で Google 広告 – 4 日目: アカウントの構成(キャンペーンと広告グループ)

Google広告の構成

Google広告は、アカウントキャンペーン広告グループの3層構造で構成されている。

1つのアカウントの中には複数のキャンペーンを、1つのキャンペーンの中には複数の広告グループを、1つの広告グループの中には複数の広告やキーワードなどを作成できる。

りゅう
りゅう

Facebook広告も似たような感じだな。

広告グループの役割

「どのようなキーワード、ユーザー、サイトに対して」「どの広告を表示するのか」の組み合わせを決めるのが広告グループの役割。

例)「全身マッサージ」と検索した人と「足つぼマッサージ」を検索した人とでは広告の文面やリンク先ページを変えたい。

この場合は、まっさ0時のメニューごとに広告グループを作成する。

「格安」と検索→「値段」
地名を検索→駅からの距離を強調

などユーザーが重視している点に分けることも可能。

広告グループの分類は、ユーザーのニーズや興味(= キーワードなど)に合った広告を掲載できるかどうかを左右する重要な部分

キャンペーンの役割

複数の広告グループをまとめたものがキャンペーン

広告を掲載する地域予算掲載スケジュールなどの各種設定を行う。

また、作成するキャンペーンのタイプ(種類)によって、広告の掲載先(検索 /ディスプレイ)や、利用できる機能などが決まる。

広告の数は、1つの広告グループにつき3つ以上が推奨されている。

アカウント

基本的に広告主1社につき1つのアカウントを作成する。

1つのGoogleアカウントには、複数ユーザーを招待できる。

1つのGoogle広告アカウント内で、複数のサイトを宣伝したり、複数の国向けに広告を展開することも可能。

目次:【勉強まとめ】「2週間で学ぶGoogle広告」でGoogle広告を学ぶ

1日目:Google広告とは?
2日目:料金の仕組みと1日の予算
3日目:広告の掲載先(検索とディスプレイ)
4日目:アカウントの構成(キャンペーンと広告グループ)(このページ)

コメント